FC2ブログ

Sarto Domenica

 2011-02-27
今回は「サルト・ドメニカ」という言葉について。


 イタリア語で、サルト=仕立屋、ドメニカ=日曜、という意味で「日曜の仕立屋」という意味になります。


 これはいわゆる私の肩書きとして、自分で勝手に作った造語です。




 恥ずかしながら、私は現在まだスーツの仕立てだけで生計を立てるには至っていません。とあるテーラーのご主人から、手縫いに関心を持っていただいているお客様のご注文を頂き、休日を利用してハンドメイドのスーツを作っています。



 仕立てを本業に出来ていない自分自身に最初は様々な葛藤がありました。しかし、今はこんな職人が一人くらいいても面白いかなと思ったりしています。



 というのは、副業であれば採算を考える必要がないので、通常では考えられないほどの手間をかけて一着を作ることが可能になります。



 ナポリのサルトの仕立ては、既製品とは比べ物にならないほど手縫いを多用しており、膨大な時間をかけて作られています。

 もし日本でこの作りを再現するとなると、商売として成り立たせるには非常に困難なものになります。


                   napoli 3 002-2



 不況不況で安価なスーツが主流になり、本物のハンドメイドスーツとその技術を持つ職人は今、世の中から消えつつあります。

そんな中「サルト・ドメニカ」は、手縫いの技術を残していく一つのかたちかもしれないと考えています。









 ナポリの時間の流れは本当に緩やかで、それはまるで毎日が日曜日であるかのようです。



 そんな穏やかな時間の中で一針一針作り上げられるナポリスーツ。


                   napoli 3 005-2



 私もそんな穏やかな気持ちの中で、心を込めた一着を作っています。

        
スポンサーサイト



タグ :

RAFANIELLO

 2011-02-26
 今回は私の名前の「ラファ二エロ」について。

 これはもちろん本名ではありません(笑)ナポリでの修業中、親方が付けて下さった名前です。

 どうやら私の名前はイタリア人にはとても覚えてもらいにくいみたいで、誰に自己紹介してもすんなり覚えてもらえませんでした。特に親方はもう65~6歳の高齢だったので、最初からほとんど覚える気もない様子。

 最初はチーチョ(イタリア語で「坊や」みたいな意味らしい)」とか、「ペッぺ(これは意味不明)」と呼ばれていたのですが、ある日突然思い立ったように「お前は今日から”ラファ二エロ”だ!!」と言われたのが始まりです。(下の写真は綴りを親方に書いてもらったものです。RAFANIELLOになってますが、ブログ内ではRaffanielloに代えさせてもらってます(笑))
                    
                    002.jpg
 

 その後、親方は仕事中にちょくちょく「お前は日本に帰って名前を聞かれたらなんて答えるんだ?」と聞いてきて、僕が「Mi chiamo "Raffaniello"(私はラファ二エロと言います)」と答えると、「その通りだ」とニヤリと満足そうに笑う、というやりとりがお決まりのパターンでした。

 「ラファ二エロ」という名前の意味はなんなのかと聞いたのですが、結局よく分かりませんでした。
ですがまあなんとなく立派な名前なので私自身は気に入っています。

 ある時親方のもとを訪れたお客さんが、僕の名前がラファ二エロだと聞いて「立派過ぎるだろ!」と言って大ウケしてたことがあります^^;

 名前に負けない立派な服を作っていきたいものです。


                                  
タグ :

はじめまして

 2011-02-25
 はじめまして。「ラファ二エロ」と申します。

 このブログを通じて、ナポリ仕立ての素晴らしさをお伝えしていけたらと思います。

 どうぞ宜しくお願いします。


                    napoli1+043_convert_20110225234228.jpg




タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫