FC2ブログ

Funicolare

 2013-04-11
メルジェッリーナのホテルでスーツに着替え、気合いを入れて身支度を整えました。




 いよいよこれから本当に親方に会える。





 夢にまで見た本物のナポリ仕立てをこの目で見られると思うと、かつて経験したことのないほどの気持ちの高ぶりを覚えました。








出発の前に、ホテルのオーナーがくれた地図に改めて目を通しました。








これはその時にもらった地図です。


           20130412191458_0.jpg



部屋に案内された時に、観光に使うといいと言って渡してくれました。







どの辺に行くつもり?美術館?ピッツェリア?と聞かれたので、



自分はこの近くにある腕の良いサルトに仕立てを習う目的でここへ来たのだと伝えると、



オーナーさんは珍しそうに僕を見ていました。




 (ここのオーナーさんも英語が話せる方だったのでとても助かりました。といっても私の英語は超片言ですが。(笑))







その時に、○○という所に行きたいんですが、歩いて行けますよね?と言うと、オーナーさんは大きく首を横に振って、「歩いては無理」と言いました。








 地図で見た感じではなんとか行けそうな距離だったのですが、聞いてみるとそこは山の上の方にあるところで、


「フニコラーレ」という乗り物に乗って行かなければいけないとのことでした。







 フニコラーレというのは、山の傾斜に沿って走っている、いわゆるケーブルカーの事です。









 地図の黒い路線がフニコラーレです。(写真が逆さまですいません)


20130412191458_1.jpg




 ナポリは山の傾斜に沿って街が広がっているので、こうしたケーブルカーがいくつか通っているようです。
















  実物の写真がこちら。


funicolare.jpg




 先述の通り山の傾斜にそっているため、乗り物は必然的に平行四辺形です。







 日本にも観光地に行くとこうした乗り物はあるようですが、私は生まれて初めて見る形の乗り物だったので、非常に衝撃的でした。







また、ナポリにいくつかあるフニコラーレの内、親方の所へいくためのものが一番傾斜が強かったように思います。








 必然、それに乗って見る景色は最高でした。


funicolare2.jpg


 ・・・久しぶりに当時の写真を開きましたが、やはりナポリの景色は美しいなと。





「ナポリを見て死ね」という格言があるのもうなずけます。



 
スポンサーサイト



タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫