FC2ブログ

二段切り

 2013-05-30
 裁断をしていきます。




 アトリエが広くなったおかげで快適に裁断できるようになったのが嬉しい今日この頃。




20130530193131_0.jpg


 格子柄なのでマーキングにも一層神経を使います。






 紳士服の裁断は基本的に生地を二枚折りにして上下を一緒に(服の左右を一緒に)裁断していくかたちになります。





 なので格子柄の場合、上下の生地の柄が合った状態で裁断出来ていないと、


出来上がりで左右の柄がズレてしまって大変なことになります。



20130530193131_1.jpg


 なのでこのように、上の方を切ってから下の生地と柄を合わせて裁断していくという方法をとります。




これを二段切り・・・というのかどうかは知りません。








 とにかく格子柄は無地と比べて柄合わせでなにかと手間がかかります。





 注文服のような一点ものならまだわけないのですが、大量生産となるとまた大変です。





 生地を何枚も重ねて切るので、手裁断だと一枚一枚そ~っと柄を合わせながら慎重に重ねて・・・。






 今は自動裁断機が主流で生地も自動で重ねるのですが、その際に柄を自動で調節するカメラが付いてたりするとかなんとか。











 技術の進歩はすごいもの・・・と言っている間に裁断終了。


20130530193131_2.jpg


 この後また柄合わせに神経を使いながら縫い合わせていきます。


スポンサーサイト



タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫